その他雑記

本物のハイエナから学ぶスロットハイエナの極意

本物のハイエナから学ぶスロットハイエナの極意

どーも、
近頃群れてる大学生?をよく見るダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

まぁ新入生とかサークルの歓迎とかなんやろなぁと思い、
なんだか懐かしい気持ちになりますね。

さて、今回は、「ハイエナ」というスロットの立ち回りについて
動物のハイエナと比較して考えてみました。

よければご覧ください( ̄▽ ̄)ノ

--- スポンサーリンク ---

天井狙いやゾーン狙いなどの期待値稼働をする人たちのことを
一般的に「ハイエナ」と呼びます。

天井狙いなんか特に、他の人が回したハマリ台を打つので、
他の動物が捕まえた獲物を漁るハイエナという動物の行為に重なって
そう呼ばれているんだと思います。

 

以前スロットを打つ友人と
「冷静に考えたら“ハイエナ”ってすごい呼ばれ方やんなw」
って話になったんですが、本物のハイエナは実は狩りがすごいうまいらしいです。

種類によってはほとんど自分の力で獲物を捕まえ、
逆にライオンがハイエナの獲物を横取りするぐらいだそう(゜o゜;)

詳しくはWikipedia先生に聞こうw

Wikipedia

ハイエナ 漫画

 

これはスロットのハイエナにも言えることだと思ってて、
実際に期待値プラスの台を打ち続けるってことは難しいことです。

特に最近の台はただハマってればいいってわけじゃなく、
モードや状態などを加味した上で押し引きを判断しなければいけません。

もちろんホールには他のハイエナもいるので、
下見をして宵越しで狙ったり、一見気づきにくいようなゾーンを狙ったりと
様々な知識と判断力が必要になります。

おじいちゃんとかの後ろに張り付いて天井手前でやめるのを待つ
みたいなのは明らかに「ハイエナ」って感じですが、
空き台の中から期待値を見い出せるのが真の「ハイエナ」かなと自分は思います。

Wikipediaのリンクの例でいくと、
カッショクハイエナやシマハイエナではなく、
ブチハイエナを目指していきたいですね!(`・▽・)9

まぁ結局やってることはいっしょなんですが(笑)、
意識の問題ですね( ̄▽ ̄)b

「養分から期待値を奪い取ってやろう!」みたいな考えで打ってると、
どうしても掛け持ち遊戯などのマナー違反やトラブルにつながってくると思います(´・ω・`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。