その他雑記

設定1で勝つための立ち回り方~スロットの基本的な立ち回り~

おはようございます、
ダンゴ(@dangoichikatsu)です(  ̄▽ ̄)ノ

今日はスロットの基本的な立ち回りについて書いていきたいと思います(・∀・)ノ

--- スポンサーリンク ---

設定狙い

パチスロには「設定」というものがあります。
「設定」は1~6まであり、6が1番いいです。

この「設定」によって、ART確率やボーナス確率が変わってくるんですね(・ω・)ノ

これらは「機械割」というものに集約されます。
雑誌などを見ると設定ごとの機械割がどこかに載ってるはずです。

「機械割ってなんやねん(¬△¬)」

ってことですが、計算方法としては、
{(機械割(%)/100)-1}×3×消化ゲーム数=獲得差枚数
となります。

例えば、アイムジャグラーの設定6を5000G回したとすると、
機械割がだいたい105%ぐらいなので、

{(105/100)-1}×3×5000=750

となり、理論的に750枚プラスになります。
これは、「投資金額も含めて、純利益が750枚」ということですヽ(・ω・)

もちろん、アイジャグの6は5000G回せば必ず15000円プラスになる
というわけではありません。

3000枚出ることもあれば、マイナスになることだってあります。
あくまで「平均で+750枚出る」ということです(`・ω・)ノ

ちなみに、機種によってこの「機械割は」違いますが、上記の計算の通り、
機械割が100%を超えていれば理論上打てば打つほどプラスになりますヽ(・ω・´)

基本的に、設定4以上なら打ち続ければ理論上100%勝てます( ̄ー ̄)b

だいたい小役確率やART当選率などには設定差があるので、
そういったものを加味しながら設定4以上を狙っていくのが「設定狙い」です(・ω・)ノ

 

天井狙い

パチスロには、「天井」というものもあります。
(天井が無い機種もありますが。。)

「天井」とは、
「ある決められたゲーム数当たらないと、必ず当たる」
といういわば救済措置みたいなもんです。
(当たらない機種もありますが。。笑)

例えば、天井が1000Gだとすると、999G回して当たらなくても、
1000G消化するとレア役も何も引かなくても必ず当たるんですヾ(・∀・)

なので、0Gから打つとMAXで1000Gハマりますが、
700Gから打つと300G以内に必ず当たります( ̄ー ̄)ノ

これを利用して、より深いゲーム数から当たるまで打つ立ち回りが「天井狙い」です(・ω・)ノ

中には、ただ当たるだけでなく、上乗せ特化ゾーンに入ったり高継続のARTが確定したりと、
天井に到達すると大量出玉につながる機種もあるので、
たとえ設定1でも十分勝ててしまいます(゜∇^d)

自分は今この「天井狙い」メインで立ち回ってます(  ̄▽ ̄)ノ

 

ゾーン狙い

パチスロは機種によって「ゾーン」というものもありますヽ(・ω・)

「ゾーン」とは、
「ある一定のゲーム数間は当たりやすくなる」
というものです(・∀・)ノ

基本的にはレア役によってボーナスなどの抽選が行われているのですが、
最近流行りの「G数管理型」の機種は、「規定ゲーム数消化」することによっても抽選が行われます。

なので、「100~200Gよりも200~300Gの間の方が当たりやすい」
みたいなことが起きるんですヽ(・∀・)

このような当たりやすい区間のみを打つのが「ゾーン狙い」です(・ω・)ノ

 

 

以上が基本的なスロットの立ち回りです(・∀・)ノ

自分は、ホールにもよりますが、
難易度としては天井狙い>ゾーン狙い>設定狙い
だと思ってますヽ(・ω・´)

次回は1番勝ちやすいと考える「天井狙い」について詳しく書いていこうと思います。

よろしければご覧ください( ´∀`)
⇒スロット初心者コンテンツへ

無料視聴はこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。