【CR地獄少女弐】スペック・ボーダー・潜伏確変解析攻略

今日のパチンコあるある

どーも、
最近ずっと座りっぱなしな気がするダンゴです(; ̄▽ ̄)ノ

今回は、5/11より全国導入開始予定、藤商事の新台、
パチンコ地獄少女弐のスペック・ボーダー解析です。

ロングヒットした前作から、
新たにV確変機として登場です!

それではどうぞ(・ω・)ノ

----------スポンサーリンク----------

スペック・激アツ演出
jigokusyoujo2 spec
©FUJI

地獄少女2 スペック解析

▼スペック

大当たり確率 1/289
高確率 1/117
賞球数 3&1&5&10&14
出玉
(9C×賞球14)
約1810発(16R)
約910発(8R)
約460発(4R)
確変突入率 ヘソ…50%
電チュー…70%
確変継続率 79.1%(時短込み)
確変平均 5.7連(6135発)
時短 100回転

▼大当たり振り分け

ヘソ入賞
16R確変(次回当選まで)
2.0%
4R確変(次回当選まで) 48.0%
8R通常(時短100回転) 50.0%
電チュー入賞
16R確変(次回当選まで) 56.0%
4R確変(次回当選まで) 14.0%
4R通常(時短100回転) 30.0%

 

地獄少女弐は、ミドルタイプのV確変機で、
確変突入率50%、継続率79.1%(時短込み)となっています。

注目演出は「今週の依頼リーチ」。

導入後8週間、毎週更新されるようで、
信頼度51.2%の激アツリーチとなっています(*^^*)

▼その他激アツ演出
・地獄流し予告…期待度約35%
・蝶ギミック…期待度約50%
・彼岸花群…期待度約70%
・業の魂演出…期待度約70%

 

大当たり後は、恨みを晴らすことができれば確変突入、
失敗しても100回転の時短「出陣チャンス」に突入し、
約30%で引き戻しに期待できます(*^^)b

確変「地獄少女モード」は、次回大当たりまで継続し、
終了後も必ず100回転の時短へ突入するので、
引き戻しも含めると継続率約79%という
大連チャンに期待できる性能となっています☆

さらに、今作では2タイプの演出が選択でき、
閻魔あいモードはシンプルな1ラインモード、
ゆずきモードは2ラインモードとなります。

 

ボーダーラインは甘い!?

地獄少女2 ボーダー解析

▼ボーダーライン/1000円
・2.5円…21回転
・3.0円…19回転
・3.3円…19回転
・3.5円…18回転
・4.0円(等価)…16.8円

※6時間稼働、表記出玉、電サポ中-0.2発/1回転で算出

 

ローミドルタイプとしては甘めのボーダーとなっていますが、
ヘソ1個返しの点に注意です。

潜伏確変はないので、
電サポ中以外はいつやめてもOKです(*^^)b

また、確変はV入賞が条件なので、
大当たり・電サポ中は必ず右打ちで消化するようにしましょう☆

 

▼おすすめのセグ判別ツール
関連記事


管理人プロフィール
▼名前:ダンゴ
ダンゴ プロフィール
どーも、ダンゴです。

お酒と漫画とお笑いが大好きな25歳・男で、現在は会社員+個人事業主として、マイペースに暮らしています( ̄▽ ̄)ノ

学生時代はスロットで100万円以上負けて、友人や親から借金をするようなどうしようもない奴でしたが、立ち回りを改善した結果、今では月平均10万ぐらい勝てるようになりました。

さらに、スロットで勝つ能力を応用させて、ネットビジネスを始めたところ、月10万以上の収入を生み出すことに成功!

100万負けの落ちこぼれ大学生が這い上がった方法をメールにて配信していますので、興味があれば読んでみてくださいヾ(´▽`*)ノ

ブログランキング参加中!

最後まで読んでいただいてありがとうございますm(__ _)m
記事を読んだ結果、「まあ押したってもええかな」と思っていただけたら、
下バナーをクリックしてくださいヾ(´▽`*)

1日1回でOKです♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スロットブログへ 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人プロフィール

ダンゴ

どーも、ダンゴです。
スロットが好きなので、「どうせ打つなら勝ちたい!」ってスタンスで、空いた時間にのんびり期待値稼働してます( ̄▽ ̄)ノ
(たまに遊び打ちもしますが。。^^;笑)

今はスロットで培った「期待値」の考え方を応用させ、ネットビジネスを勉強中!
より良い人生の選択肢の1つとして提示できれば幸いです(*^^*)

物理的に無理になるまでは、いただいたメールにすべて返信したいと思ってますので、些細なことでもお気軽にご連絡くださいヾ(´▽`*)ノ

>>詳細プロフィール

>>メルマガ

>>ネットビジネスのブログもやってます

おすすめ新着記事

このページの先頭へ

アクセスランキング