評価・感想

【マジカルハロウィン6】評価・感想まとめ「おみくじが良い」「意外と遊べる」など

マジカルハロウィン6 スロット
©KONAMI

パチスロ「マジカルハロウィン6」を実際に打った方の評価・感想をまとめてみました。

評価は5段階で、★の数が多くなるほど高評価となります。

記事下に投票フォームがあるので、是非ご参加ください~(^^)

--- スポンサーリンク ---

マジハロ6のスペック

https://youtu.be/VGopuVXIxFM

導入日 2018年5月21日
導入台数 約10,000台
メーカー KPE
タイプ A+ART(純増1.0枚)
コイン持ち 約33G/50枚
赤同色BIG 異色BIG 鬼ボーナス REG
設定1 1/1092.3 1/1024.0 1/1092.3 1/352.3
設定2 1/963.8
設定3 1/862.3
設定4 1/712.4
設定5 1/655.4
設定6 1/595.8
ボーナス合算 ART 機械割
設定1 1/177.1 1/364.7 97.7%
設定2 1/173.4 1/363.5 98.9%
設定3 1/169.8 1/362.3 100.5%
設定4 1/163.0 1/360.1 104.2%
設定5 1/159.8 1/359.1 107.8%
設定6 1/156.0 1/357.6 110.2%
ダンゴの評価
マジカルハロウィン6 アリス

マジハロと言えばストック管理のART「カボチャンス」ですが、ストック優遇の「キンカボ」は今作も健在。

さらに今作ではおみくじを搭載しており、出たアイテムによってストック当選率がアップしたり、次回ボーナスまでセット継続したりと恩恵を受けることが出来ます。

本機最大の出玉トリガーは、突入時の状態を引き継ぎ、66%でループする「鬼カボチャンス」。

キンカボ中に突入すれば、ストック当選率優遇+当選時は全て金箱の「キング鬼カボチャンス」となり、ロング継続に期待できます。

和服のアリスめっちゃ可愛いやん!

--- スポンサーリンク ---

みんなの評価・感想

初めて打ってみた感想としては、ボーナス中の演出、通常時の演出両方ともストーリー性があって、打っていてとても楽しかったです。

また、分かりやすい演出が多くて、辞め時の判別もしやすい印象です。

出玉はあまり良くない印象ですが、また打ちたいと思うような機種だと思います。

★★★★★

空き台があったので、夕方から打ってきました。

ボーナス確率が重いので、間延びしてしまう感はありました。

そのかわりART中は、ストックしやすい印象を受けました。

ストック高確率ステージによく移行するし、ストックもすんなりします。

ただし、5.9号機なので純増は少ないし、内部的にリミットがあるのでリアルボーナスを引けないと苦労する印象を受けました。

演出・リールの法則・音楽の完成度は高いと思います。

遊ぶには良い台だと思います。

★★★★☆

自力の択当てで、おみくじをもらえる事がまぁまぁあるので、前作よりかは自力でチャンスを作れる気がします。

だだ、強チェリーが、カボチャンス秋以外だと、ちょっとどうしようもない気がします。

それでも、けっこう楽しめました。

また、打ってみたいと思います。

★★★★☆

マジハロはキャラが好きなので毎作打つ台ですが、前作は通常時を回すのに結構飽きて長時間打つのが苦痛でしたが、今作は比較的色々な要素が増えて楽しめてる感じです。

まだ出たばかりなので今後次第ですが。

5.9号機ということで、天井が非搭載なんですね。

個人的には天井ない台って怖くて…

しかしながらマジチャンは少し軽めな印象でした。

★★★★☆

この台はボーナス確率が設定1でも1/177と軽く、ボーナス後に必ず詠唱チャレンジに移行するので、ARTのチャンスが高頻度でやって来る点は良いと思います。

一番のウリはおみくじシステムになります。

色々な種類があるのですが、全てが重なる可能性がある所です。

大量出玉のチャンスは秘めていると思います。

★★★☆☆

ゲーム性に関しては今までのマジカルハロウィンとさほど違いは感じません。

ボーナス+ARTで、ART自体は純増も対してよくなく、ART中にボーナスを引いて出玉を増やしていくタイプ。

率直に感じたことは、演出の少なさです。

通常時に、レア役を引いたときに発生する演出でボーナス重複してるかある程度わかってしまう。

強チェリー引いても、演出である程度ボーナスがいるか察知できてしまう。

そこが残念な点です。

良かった点としては、ループ付きのART(鬼ボーナスからはいるART)に入れるハードルがそこまで高くない点。

ARTをストックしまくったときのイケイケ感は前作同様なところです。

★★★☆☆

前作も面白かったので、今作も早速打ちました。

前作との違いは通常時からのART直撃があるということでした。

このARTには数種類あり、何に当たっても楽しくゲームを消化できました。

純増が1枚なのでやっぱりボーナスを引かないとキツい印象を持ちました。

★★★☆☆

5.9号機になってマジハロらしさが無くなってないか心配でしたが、今までと変わらずのボーナスの当たり具合&カボチャンス突入頻度に安心しました。

有利区間も特に意識する事無く打てたのでゲーム性に関しては満足ですが、今作から始まった新ストーリーは今一つ馴染めない感じです。

★★★☆☆

5.9号機なのでやっぱりきつい印象です。

フリーズの恩恵として、66%ループ+次回ボーナスまで無限ARTとありますが、その後の展開にもよりますが、純増1枚のARTが無限ARTでも増えないです。

筐体はかわいらしく好感を持てるのですが、ゲーム性に難を感じます。

実践しましたが、いくらひいても伸びませんでした。

これならAタイプあるいはRTで、マジハロの良さを引き出すのもありなのではないかと思いました。

次回作に期待です。

★★★☆☆

前作のマジカルハロウィン5はよくホールで触っていた機種の一つでした。

今作のよかったと思う点は、これまでと比べてマジカルチャレンジに入りやすいこと。

悪かったと思う点は、作画がなんか少しぽっちゃり気味になってしまったことぐらいかなと思いました。

あと、これは仕方のないことですが有利区間がなければなと思いました。

★★☆☆☆

新台のマジハロ6が導入される前に前作のマジハロを設置している店舗があったので新台導入前に打ってみましたが、個人的な感想としては演出・メダル獲得枚数も含めて前作の方が良かったです。

良い点としては他の5,9号機と違って有利区間に当選した時に何かに当選した期待感が持てることで、悪い点としては、ボーナス後にコインをこぼしても一枚役が入賞したら準備が続くのでART突入まで引っ張られてメダルが増えずに減るので残念でした。

実際に導入されている店舗はありますが、導入店舗に対して設置台数が少ないので打ちたくても台が空かないと打てないのであまり人気がないのかなという印象でした。

★★☆☆☆

まずはじめに、マイナス点として5.9号機ということで天井がないのがマイナスです。

純増も悪いため、続いてもそこまでメダルが出ないです。

ボーナスが1500ハマっている台も見たことがあるので非常に怖いですね。

演出はまあまあ継承されている部分があるので良いですが、小役の空気感がハンパないです。

一度打ってART1回自力にて入れましたが、全くメダルが増えずイライラした展開でした。

いいところは特にないです。

★☆☆☆☆

総合評価 [display_rating_result show_title=false]

[display_rating_form title=””]

この機種の評価を5段階で投票してください(星が多いほど高評価)。

コメント等ありましたら、下記コメントフォームよりお待ちしております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。