スロットの目押しのコツ・練習方法

リール

スロットの特徴として、
「目押し」というものがありますよね。

リール制御である程度アバウトでいいものの、
図柄を狙わないと揃わない、というシステムです。

極端な話、ボーナスに当選していても、
狙わない限り永遠にボーナスは始まらないという
割と鬼畜な仕様です(´▽`;)笑

これが初心者にはハードルであり、
慣れている人からすると醍醐味でもあります。

目押しは難しいものではないので、
是非マスターしてほしいと思いますね(`・∀・)9

----------スポンサーリンク----------

目押しができない=期待値を捨てている!?

捨てる

機種にもよりますが、
目押しができないと一定の小役を取りこぼすので、
その払い出し分は損します。

仮にスイカが5枚だとすると、
1回こぼすたびに100円捨てているのと同じ
なんですね(ノД`;)

スイカ確率が1/50なら、
500G回せば1000円、
5000G回せば10000円も損する計算になります(((゜Д゜;)))

さらに、ボーナスを1回で揃えられないと、
リールを回すのに3BET必要なので、
目押しをミスするたびに60円損します。

(厳密にはリプレイやベルが成立するので、
もうちょっと少ないですが^^;)

これではせっかく期待値稼働を覚えてももったいないので、
最低限の目押しはできたほうがいいですね。

目押しのコツ

目押し

ぶっちゃけ「慣れ」の部分が大きいですが、
より早くマスターするために、
自分が普段感覚的にやっていることを文字にしてみたので、
目押しができない場合は読んでみてください(*^^*)

【質問回答】スロットの目押しのコツ・上達方法は?

実際にホールで打つのが1番だと思うので、
まずは目押し不要機種で練習してみるのもアリですね(*^^)b

◆目押し不要(小役はこぼす可能性があるので、厳密には不要ではないですが^^;)機種はこちら
↓↓↓
目押し不要な機種まとめと練習方法

サミータウンでの練習方法

実際にホールで打つのは、
他人の目もあるし気が引けるかもしれません。

そこでオススメなのが、
「サミータウン」というアプリサイトです(*^^)b

パソコン・スマホから無料でスロットを打つことができ、
有料版なら最新の機種もあります♪

実際自分も初心者の頃、
これで目押しの練習をしたり、
台の挙動を確かめたりしてました☆

ホール形式になっているので、
ここで天井狙いの練習をしてみてもいいですね(*^^)b

サミータウンを使って目押しの説明動画を撮ってみたので、
よければご覧ください( ̄▽ ̄)ノ

https://youtu.be/RXhQbGenFKA

これで遊びつつ、目押しや期待値稼働の感覚を
つかんでもらえたらと思いますヾ(´▽`*)ノ

ハマリ過ぎには注意です(笑)

サミータウン(PC・無料版)
サミータウン(PC・有料版)
サミータウン(スマホ・有料版)

関連記事


管理人プロフィール
▼名前:ダンゴ
ダンゴ プロフィール
どーも、ダンゴです。

お酒と漫画とお笑いが大好きな25歳・男で、現在は会社員+個人事業主として、マイペースに暮らしています( ̄▽ ̄)ノ

学生時代はスロットで100万円以上負けて、友人や親から借金をするようなどうしようもない奴でしたが、立ち回りを改善した結果、今では月平均10万ぐらい勝てるようになりました。

さらに、スロットで勝つ能力を応用させて、ネットビジネスを始めたところ、月10万以上の収入を生み出すことに成功!

100万負けの落ちこぼれ大学生が這い上がった方法をメールにて配信していますので、興味があれば読んでみてくださいヾ(´▽`*)ノ

ブログランキング参加中!

最後まで読んでいただいてありがとうございますm(__ _)m
記事を読んだ結果、「まあ押したってもええかな」と思っていただけたら、
下バナーをクリックしてくださいヾ(´▽`*)

1日1回でOKです♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スロットブログへ 

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人プロフィール

ダンゴ

どーも、ダンゴです。
スロットが好きなので、「どうせ打つなら勝ちたい!」ってスタンスで、空いた時間にのんびり期待値稼働してます( ̄▽ ̄)ノ
(たまに遊び打ちもしますが。。^^;笑)

今はスロットで培った「期待値」の考え方を応用させ、ネットビジネスを勉強中!
より良い人生の選択肢の1つとして提示できれば幸いです(*^^*)

物理的に無理になるまでは、いただいたメールにすべて返信したいと思ってますので、些細なことでもお気軽にご連絡くださいヾ(´▽`*)ノ

>>詳細プロフィール

>>メルマガ

>>ネットビジネスのブログもやってます

おすすめ新着記事

このページの先頭へ

アクセスランキング