立ち回り

【スロット】期待値を理解する~お金がもらえるサイコロを例に~

期待値

今回は、スロットで勝つために必要な
「期待値」についてお話していきます。

あなたも他のサイトで
「期待値」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。

「○○Gから打ったら期待値○○円」とか、
「期待値プラスの台を打てば勝てる」とか。

でも、そもそも「期待値」って何なの?

きちんと説明されているサイトは少ないので、
ここでご説明します(*^^*)

--- スポンサーリンク ---

期待値とは平均値

ネットで「期待値とは」と調べると、

『統計学で、確率の見地から算定した平均値。
一つの変量の各実現値とそれが起こる確率との積の総和。』

と出てきました。

。。難しい!Σ(`・Д・´;)笑

サイコロ

期待値を説明する上で、
サイコロがよく例として使われるので、
それで説明していきますね(^^)

サイコロを振ったときに出る目の期待値は、
3.5になります。

これはどういうことかと言うと、
サイコロを振ったときに出る目を平均すれば、
3.5になる
ということです。

計算式は、
(1+2+3+4+5+6)/6

実際サイコロを振ってみて、
出た目を足していき、
振った回数で割ると
だんだん3.5の近似値になっていくはずです。

時間があればやってみてください( ̄▽ ̄)ノ

スロットにおける期待値

では、この期待値の考え方を
どうスロットに応用させるのか。

わかりやすいように、
「サイコロの出目×1000円がもらえる」
というルールをつけてみましょう。

例えば3が出れば、3000円がもらえます。

でも、そんなうまい話はありません。

サイコロを1回振るのには
3000円必要です。

サイコロ ルール

運よく6が出れば3000円プラスになりますが、
1が出てしまったら2000円損してしまいます。

あなたならこのサイコロを振りますか?

 
 

先ほど言った通り、
サイコロの出目の期待値は3.5。

出目×1000円もらえるので、
このサイコロを1回振れば、
平均3500円もらえる計算になります。

で、振るために必要なお金は3000円なので、
1回あたり500円プラスになりますね(^^)

なので、期待値的には
このサイコロは振るのが正解です☆

ただ、1回だけしか振らないなら、
期待値はプラスでもけっこう運に左右されます。

1か2が出てしまったらマイナスになるので(^_^;)

ですが、これを100回繰り返したらどうでしょう?

1回3000円なので、30万円必要になりますが、
1回あたり500円プラスなので、
35万になって還ってくる計算です。

これも100%ではありませんが、
100回全部1か2しか出ないなんてことはまずないので、
かなりの確率でプラスになるはずです(^^)

さらに200回、300回、1000回と、
回数をどんどん増やしていけば
1回あたり平均500円プラスに
どんどん近づいていくでしょう。

 
 

スロットで期待値プラスの台を打つ
というのは、こういうことになります。

もっとも、スロットの期待値はとても複雑なので、
単純な計算では出せませんが、
目安としてはイチカツ!の狙い目一覧を参考にしてください(*^^*)

設定1天井・ゾーン狙い目・やめどき一覧

よく勘違いしている人がいますが、
例えば「期待値2000円」だとしたら、
毎回2000円勝てるわけではありません。

天井手前で当たって単発で、
2万負けることもあるだろうし、
1G目でフリーズ引いて、
万枚出ることもあるでしょう。

もちろん、期待値通りに
2000円プラスになることもあります。

そういうのを全部ひっくるめて、
打ち続けていれば、
1台あたり平均2000円プラスになる

という感覚です。

なので、期待値はもちろんのこと、
何台打つかも重要になってきます(`・ω・)ノ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。