スロットを打つ際のホールでのマナー8つ!ハイエナする時は要注意!

スロット マナー

どーも、楽しくスロットを打ちたいダンゴです。

一般的にパチンコ屋さんって怖いイメージを持たれてる方が多いんじゃないでしょうか?

僕も初めて行った時は「ヤ〇ザに絡まれるんじゃないか」とビクビクしていました(笑)。

実際そんなことはまぁないんですが、傾向としてやはり別の業界に比べるとマナーの悪いお客さんが多い印象はあります。

そこで今回は、僕が意識しているスロットを打つ際のマナーをまとめてみました。

初めてスロット打つ方はもちろんのこと、ある程度打たれている方でも、意図せずにマナー違反を犯さないよう参考にしていただければ幸いです。

----------スポンサーリンク----------

台パンしない

「台パン」とは、「台をパンチする」の略。

大負けしたり、アツい演出をはずした時なんかに、イライラして台にあたる行為ですね。

直接的にお客さんに危害はないものの、やっぱり見ていて気持ちのいいものではありません。

実際台パンはほとんどのホールで禁止されていて、あまりにひどいと出禁も全然あり得ます。

また、 万が一台を損傷させてしまった場合は、修理代を請求されることも…。

まぁ、台パンしたくなる気持ちもわからなくはないですが、やってもいいことはないですし、見ていてダサいです(笑)。

いい大人が自分の責任でお金を使っているわけなので、思い通りにならないから物にあたるというダサすぎる行為はやめましょう~( ̄▽ ̄)ノ

昔は台パンしてる人を見るとイラッとしてましたが、最近は可哀そうになってきました…笑

タバコの吸い方に気を付ける

最近は禁煙のフロアなども増えてきましたが、基本的にパチンコ屋さんは喫煙OKです。

僕もタバコを吸いますし、それ自体は悪いことではないのですが、当然タバコを吸わない人もいるので、吸い方には気を付けるべきかなと。

例えばくわえタバコとか、タバコを持っている手でボタンを押す人。

あれめっちゃ風下に煙きますからね!!

喫煙者の僕でもちょっと気になるので、タバコを吸わない方はかなり迷惑だと思います。

なので、僕は吸う時、必ず煙は上か人がいないほうに吐くように意識しています。

両隣にタバコを吸わない人がいる場合は我慢することもありますね。

まぁさすがに我慢までする必要は無いと思いますが、吸わない人のことを考えて最低限のマナーは守りたいものです。

喫煙者は吸わない人の気持ちがある程度わかると思いますが、吸わない人は喫煙者の気持ちわからないですからね。

あからさまなハイエナはしない

天井狙いやゾーン狙いなど、いわゆる「ハイエナ」と呼ばれる立ち回りは、その名の通り他の人が期待値のある状態でやめた台を打つ行為。

打っている時に後ろに張り付かれたり、やめた途端に台をキープされるのは気持ちの良いものではありません。

なので、やめた人が見えなくなってから台を取るのがマナーかなと思います。

1台で取れる期待値なんてたかがしれてるので、人に不快な思いをさせてまで必死になるほどのものじゃないと思います。

おじいちゃんとかはジャグラーの0Gヤメ即キープしますけど、あれは個人的にはほっこりします(笑)

座り方に気を付ける

時々、めっちゃ足を広げたり、隣の椅子に腕をかけたり、「いや、2台分使ってますやん!」って人がいます。

さすがに隣に人が来たら避けるでしょうけど、何だか座りづらいですし、態度がでかくてイラッとするので(笑)、普通に座るのがいいでしょう。

隣の台を覗き込まない

天国確定画面や設定示唆演出など、立ち回りに関係がある要素は他の台も確認しておきたいところ。

勝つ上で周りの挙動を確認するのは大事なことですが、あまりに大げさに覗きこまれると気持ちの良いものではないですよね。

見るならさりげなくがいいでしょう。

ハイエナチェックはほどほどに

宵越しゲーム数やメニュー画面など、打てる台かどうかチェックしますよね。

その時、立ったままデータカウンターをポチポチしている時間が長いと、通路が狭くなって迷惑です。

対処法としては座って見るか、サイトセブンなどである程度目星をつけておくのがいいのかなと思います。

あと、転生のあべしチェックもバカのひとつ覚えみたいに全台漏れなくチェックしてる人けっこう多いですが、あれもかなり邪魔です。

ホールによってはあべしチェック禁止の所もあるぐらいですからね。

例えば当日256G付近で捨てられてる台とか、かなりの確率で256抜けでやめられた可能性が高いので、見るだけ無駄かなと。

どうしても見たい場合は、人が少ない時にパパッと見るのがいいでしょう。

番長のブルーレジェンドとか黄門ちゃまの印籠箱とかもそうですね

貧乏ゆすりしない

これはスロットに限った話ではないですが、貧乏ゆすりって気が散りますよね。

イライラしてるのかクセなのかわからないですが、どこへ行っても好まれるものではないので、直したほうがいいと思います。

独占しない

これは軍団の話になりますが、設定狙いなどで人を使って高設定と思しき台を独占するのはいかがなものかなと。

気持ちはわからなくもないですが、そういった状況はホールも良く思わないでしょうし、長い目で見ると逆に稼ぎは減る気がします。

あとは並びの際の場所取り、ポイ捨てなどのマナーも気を付けたいですね。

マナーを守って楽しく打とう

今回の記事で僕が言いたいことは、「マナーを守って楽しく打とうよ!」ってことです。

ちゃんと打てば稼げてしまうからこそ、行き過ぎた行動を取ってしまいがちですが、それで出禁になったり、スロット全体のイメージが悪くなってお客さんが減れば、結局自分で自分の首を絞めることになります。

あくまでもスロットは遊技なので、お互いがお互いのことを気遣い、マナーを持って打てば、もっと楽しい空間になるんじゃないかなぁと思うんですよね。

僕は勝てる云々抜きにして単純にスロットが好きなので、みんなが気持ちよく打てるホールが増えればいいなぁと思います(*^^*)

他に「こんなのマナー違反だよね!」とか「オレはここに気を遣ってるよ!」というのがありましたら、お気軽にコメントくださいね♪
関連記事


管理人プロフィール
▼名前:ダンゴ
ダンゴ プロフィール
どーも、ダンゴです。

お酒と漫画とお笑いが大好きな27歳・男で、現在は会社員+個人事業主として、マイペースに暮らしています( ̄▽ ̄)ノ

学生時代はスロットで100万円以上負けて、友人や親から借金をするようなどうしようもない奴でしたが、立ち回りを改善した結果、今では月平均10万ぐらい勝てるようになりました。

さらに、スロットで勝つ能力を応用させて、ネットビジネスを始めたところ、月20万以上の収入を生み出すことに成功!

100万負けの落ちこぼれ大学生が這い上がった方法をメールにて配信していますので、興味があれば読んでみてくださいヾ(´▽`*)ノ

ブログランキング参加中!

最後まで読んでいただいてありがとうございますm(__ _)m
記事を読んだ結果、「まあ押したってもええかな」と思っていただけたら、
下バナーをクリックしてくださいヾ(´▽`*)

1日1回でOKです♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 スロットブログへ 

4 件のコメント “スロットを打つ際のホールでのマナー8つ!ハイエナする時は要注意!”

  1. K2 より:

    張り付かないと取れないということ自体が、時間効率悪いので、そこで無理に稼働しない方が良いと思います。他が余程稼働がないなどの理由がないならですが(>_<)
    さらにその店はハイエナ同士の台の取り合いが凄まじく、喧嘩も当たり前になっているのでいくらラインナップが良くても近寄りたくないですね笑笑
    完全に修羅の国ですし笑笑

    あべしチェックに関しては、知識の浸透は怖いですね笑笑

    • ダンゴ より:

      >>K2さん

      マナーが悪いだけでなく、揉め事まで起こるようだと最悪ですね^^;

      個人的にはそこまでしてやるほどスロットは魅力的な稼ぎ方ではないと思ってます。

      お小遣い稼ぎ程度なら最適ですし、ゲーム性自体は面白いと思いますけどね(*^^*)

      あべしチェックは情報社会の象徴ですね(笑)

  2. K2 より:

    自分の地域の一部エリアでは張り付かないと台が取れないからハイエナの張り付きは当たり前になってる…(>_<)ダンゴさんはその場合どうしてますか?笑笑

    あと、あべしチェック禁止にはびっくりした笑笑
    地元はハイエナだけでなく一般客もあべしチェックやポイントチェックが当たり前になってるからw

    • ダンゴ より:

      >>K2さん

      張りつかないと台が取れないとはなかなか厳しいですね!Σ(゜□゜;)
      その場合、僕だと打つこと自体を辞めますかね^^;

      あべしチェック禁止はあんま無いと思いますが、関西のホールで聞きました。
      この前おじいちゃんもあべしチェックしてて、そんな時代なのか!とびっくりしました(笑)

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人プロフィール

ダンゴ

どーも、ダンゴです。
スロットが好きなので、「どうせ打つなら勝ちたい!」ってスタンスで、空いた時間にのんびり期待値稼働してます( ̄▽ ̄)ノ
(たまに遊び打ちもしますが。。^^;笑)

今はスロットよりもブログのほうが稼げるようになったので、そっちの情報発信にも力を入れています。

物理的に無理になるまでは、いただいたメールにすべて返信したいと思ってますので、些細なことでもお気軽にご連絡くださいヾ(´▽`*)ノ

>>詳細プロフィール

>>メルマガ

>>ネットビジネスのブログもやってます

このページの先頭へ

アクセスランキング