パチンコ解析

【CR真・花の慶次】スペック・ボーダー期待値・潜伏確変解析攻略

真・花の慶次 ボーダー・スペック解析
©NEWGIN

どーも、
割とパチンコ打ってるダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

最近スロットでハマリ台を拾うのも楽ではなくなってきたので、
そんなときパチンコも打てたらいいかなと(*^^)b
(マイホの場合はけっこう際どい釘調整ですが。。)

自分はもともとパチンコから入りましたし、
たまに打つとやっぱりおもしろいですしね( ̄▽ ̄*)

というわけで、
これからパチンコの記事もボチボチ書いていきたいと思います☆

まず1発目は、1/19より全国導入開始、ニューギンの新台、
CR真・花の慶次のスペック・ボーダー解析です。

それではどうぞ(・ω・)ノ

--- スポンサーリンク ---

歴代最強!?の出玉性能

真慶次 スペック解析

▼大当たり確率
・1/399.61⇒1/64.89

▼賞球数
・3&7&8&14

▼出玉
・16R…約1840個
・実質7R…約810個
・実質4R…約460個
※9C×賞球14

▼ST(傾奇RUSH)性能
・突入率55%(実質約65%)、120回転
・継続率…約85%
・平均…6.45連、8502個

▼時短(月見酒モード)性能
・通常大当たり後に突入、100回転
・引き戻し率…22.2%

【大当たり振り分け】

▼ヘソ入賞
・実質7R確変…43%
・実質4R確変…12%
・実質7R通常…42%
・実質4R通常…3%

▼電チュー入賞
・16R確変…70%
・4R確変…30%

 

真慶次は、MAXタイプのV-STで、
16R比率7割のSTが約85%で継続!

ST突入率は55%(時短を含めると約65%)と少し物足りないですが、
そこを突破できれば、かなりの出玉性能に期待ができそうですヾ(´▽`*)ノ

逆に4or7Rで時短もスルーしてしまうと、
半箱ほどで終わってしまうので精神的にキツそうですね(^_^;)

注目演出は、90分に1度突入する「キセル之刻」!
このゾーン中にキセル演出が発生すると、
大当たり確定となるようです☆

たぶんAKB以降かな?
こういった一定の時間ごとに特定の演出発生するシステム流行ってますが、
やっぱりこれってユーザーの稼働時間を長くする効果があるんですかね( ̄▽ ̄)

ちなみに、ゾーン外でもキセル演出は激アツで、
信頼度は歴代最高の71.7%

これハズしたらかなり萎えますね(ノД`。)

 

潜伏・狙い目ボーダーは?

真慶次 ボーダー解析

▼換金率別ボーダー期待値
真・花の慶次 ボーダー期待値

※6時間、表記出玉

 

真慶次を換金率・回転数別に6時間打ったときの期待収支です。

目安として、時給2000円を超えるラインを黄色で色づけしていますが、
上表の数値は表記出玉での計算なので、
アタッカー・電サポ等で出玉が削られる場合は
1回転プラスして考えてもらえたらと思います(・▽・)ノ

出玉5%減だとしても、等価交換でのボーダーが17.7回転
比較的甘いスペックになっているのかなという印象です。

ストロークは少し弱めに打ったほうが回転率アップにつながるようなので、
そういったところで期待値アップをはかっていきたいですね(*^^)b

また、潜伏確変はないので、
狙うことはできません。

ただ、甘いスペックとなっているので、
スタンダードな良釘狙いで攻めるのがいいですね(・▽・)ノ

導入直後は狙い目かもです☆

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。