スロット解析

【スーパージャックポット】設定判別・設定差のある小役確率

スロットスーパージャックポット 設定判別・設定差のある小役確率
©ACROSS

どーも、
全豪オープン見てしまうダンゴです( ̄▽ ̄)ノ

今回は、パチスロスーパージャックポットの
設定判別・推測要素解析です。

通常時とBIG中のスイカ確率に設定差アリ!?

それではどうぞ(・ω・)ノ

--- スポンサーリンク ---

スーパーJP 設定判別要素

▼ボーナス合算
設定1…1/184.1
設定2…1/177.6
設定3…1/172.9
設定4…1/164.7
設定5…1/155.7
設定6…1/145.0

▼BIG中中段スイカ確率(実戦値)
設定1…1/25.04
設定6…1/13.20

▼通常時スイカ確率(実戦値)
設定1…1/6.42
設定6…1/6.13

 

スーパーJPは、ボーナス合算と小役確率が
設定看破の中心となりそうです。

小役確率は実戦値ではあるものの、
公式PVで、「ボーナス中は中段にスイカが頻発すれば…」
という示唆があるので、BIG中の中段スイカ確率
カウントしておいたほうがいいですね(*^^)b

また、ジャグラーのブドウ確率ほどの差しかありませんが、
他の推測要素が少ないので、通常時のスイカ確率
一応数えておいたほうがいいと思います。

 

スーパーJPの設定4以上の機械割は、

設定4…102.4%
設定5…105.4%
設定6…109.1%

となっています。

中間設定を入れてくれるお店なら遊べますが、
勝ちにいくなら最低でも設定5以上はほしいところですね(^_^;)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。