スロット解析

【スーパージャックポット】天井スペック解析と打ち方・リーチ目

スロットスーパージャックポット 天井スペック解析と打ち方・リーチ目
©ACROSS

どーも、
Aタイプまったり打つの好きなダンゴです(* ̄▽ ̄)ノ

今回は、1/26より全国導入開始予定、
アクロス×岡崎産業コラボの新台、
パチスロスーパージャックポットの
天井スペック・打ち方解析です。

伝統のリーチ目に加え、新しい出目も登場!

それではどうぞ(・ω・)ノ

--- スポンサーリンク ---

天井・スペックは?

スーパーJP 天井スペック解析

▼天井
ナシ

▼スペック

設定 ボーナス合算 機械割
1 1/184.1 97.9%
2 1/177.6 99.4%
3 1/172.9 100.6%
4 1/164.7 102.4%
5 1/155.7 105.4%
6 1/145.0 109.1%

 

スーパーJPは、天井非搭載のノーマルタイプで、
リール下のセグで告知されればボーナス確定
というシンプルなゲーム性となっています。

「7」が表示されればBIG確定、
「3」が表示されればBIGorREG確定となり、
BIGなら平均312枚、REGなら平均130枚の出玉が獲得できます。

天井・ゾーンともに非搭載ということなので、
期待値稼働をするには高設定を打つしかないですね(^_^;)

販売台数も全国で約5000台と少ないので、
打つ機会はないかもしれません(^_^;)

 

打ち方・ボーナスの揃え方について

スーパーJP 打ち方解析

【最初に狙う絵柄】
左リール中~下段に青バーの3コマ下のチェリー狙い

①オレンジ停止時
⇒中リールオレンジ狙い(ボーナス絵柄を目安に)、右リール適当打ち

②上記以外
⇒中・右リール適当打ちでOK

【ボーナス中の打ち方】

▼BIG
全リール適当打ちでOK

▼REG
左リール第1停止で全リール適当打ち

 

通常時はオレンジ停止時のみ、中リールをフォローすれば、
取りこぼしナシ+フラグ判別可能となります。

なので、ハサミ打ちでの消化がオススメですね(・▽・)b

ボーナス中は適当打ちでOKですが、
REG中に限っては左リール第1停止を厳守しないといけないようです。

最近の機種は擬似ボーナスが多いですが、
本機は純粋なボーナスとなっているので、
ボーナス当選時は目押ししないと揃いません。

一応、BIGは黒バー揃いor青バー揃い、
REGは青バー・青バー・黒バーを狙ってもOKですが、
BIGかREGかわからない場合は1G損する可能性があるので、
全リールに赤7を狙うのがベストだと思います(*^^)b

 

リーチ目で熱くなれる

スーパーJP レア役の停止形

▼レア役と払い出し枚数
・チェリー…1枚
・スイカ…7枚
・オレンジ…3枚
・3枚役(リプレイ・リプレイ・赤7/スイカ)…3枚

▼リーチ目の停止形
・リプレイテンパイハズレ
・中段リプレイテンパイ
・角チェリー+リプレイテンパイ
・ボーナス絵柄一直線
・中段オレンジ揃い

※3枚掛け、順押し・ハサミ打ち限定

▼1000円(50枚)あたりのゲーム数
・35.0G(設定1)

 

リーチ目がいくつかあって、
揃ったときにはテンション上がりますねヾ(´▽`*)ノ

中段オレンジ揃いは今作から新たに追加されたリーチ目なので、
是非ホールで拝みたい出目ですね(ノω`*)♪

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。