スロット解析

【スーパーラクラクビスカス】設定判別要素・設定差のある小役確率

スロットスーパーラクラクビスカス 設定判別要素・設定差のある小役確率
©PIONEER

どーも、
Aタイプの6が打ちたいダンゴです(* ̄▽ ̄)ノ

今回は、パチスロスーパーラクラクビスカスの
設定判別・推測要素解析まとめです。

BIG中はチェリーを要カウント!?

それではどうぞ(・ω・)ノ

--- スポンサーリンク ---

スーパーラクビ 設定判別要素

▼REG確率
設定1…1/458
設定2…1/417
設定3…1/368
設定4…1/332
設定5…1/330
設定6…1/276

▼ボーナス合算
設定1…1/176
設定2…1/168
設定3…1/156
設定4…1/147
設定5…1/138
設定6…1/130

▼通常時の小役確率

設定 チェリー スイカ 合算
1 約1/34 約1/164 約1/28.16
6 約1/31 約1/128 約1/24.96

▼BIG中のチェリー確率
設定1…約1/10
設定6…約1/8

 

スーパーラクラクビスカスは、
ジャグラーみたいな感じで、
REG確率に大きな設定差があります。

BIGも高設定ほどじゃっかん優遇されているので、
合算確率もチェックするといいですね(*^^)b

通常時のチェリー・スイカ確率にも
わずかですが設定差があるので、
一応カウントしておくといいと思います。

また、高設定ほどBIG中にチェリーが成立しやすいようなので、
BIGはチェリー狙いで消化しましょう(・▽・)b

REGは適当打ちでOKです☆

 

スーパーラクラクビスカスの設定4以上の機械割は、

設定4…104%
設定5…106%
設定6…110%

となっています。

Aタイプの代表であるジャグラーよりも割が高いので、
設定が入るのであればこっちを狙っていきたいですね(* ̄ー ̄)b

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。