スロット解析

【バーサス】打ち方・ボーナス中のビタ押し・RT中の技術介入手順

バーサス 打ち方
©ACROSS

どーも、
久しぶりにすき家行ったら
ねぎ玉牛丼がうますぎて感動したダンゴです(* ̄▽ ̄*)

今回は、パチスロ「バーサス」の
打ち方解析とリール配列
です。

BIG中・RT中は技術介入あり!

それではどうぞ(・ω・)ノ
[ad#co-2]

バーサス 通常時の打ち方
リール配列
バーサス リール
小役狙い手順

★左リール枠上~上段にBAR狙い、右リール適当打ち
バーサス 打ち方

①スイカテンパイ時
バーサス スイカ
⇒中リールスイカ狙い(赤7を目安に)
※右リールがBARでもスイカとなるので注意

スイカ(15枚) スイカ揃いorスイカ・スイカ・BAR

②上記以外
⇒中リール適当打ちでOK

チェリー(2枚) 角チェリー


ボーナス最速揃え手順

★1枚掛けで中リール上~中段にBAR狙い
バーサス ボーナス最速揃え

①中段赤7停止時
⇒左・右リール赤7狙い
【赤7BIG確定】

②中段BAR停止時
⇒左・右リールBAR狙い
⇒REG否定時は次ゲームVBIG狙い
【REGorVBIG確定】

右リールは適当打ちで取りこぼしはないので、
ハサミ打ちでの消化がオススメです(*^^)b

ただし、スイカは右リールBARでも代用可となっているので、
中リールの目押しには注意です。

スイカの払い出しは15枚と多く、
1回こぼすと300円の損ですからね(^_^;)

リーチ目成立時は、
1枚掛けで上記手順を実施することで、
コインロスを抑えることができます。

リーチ目は3000種類以上あるようですが、
同じ位置で目押しができていれば
いつもと違う出目が止まるので、
すぐにわかると思います(*^^)b

バーサス ボーナス・RT中の打ち方
BIG中の打ち方

★1度だけ「中・右リール適当打ち、左リール上段に赤7をビタ押し」で14枚役を獲得
バーサス 14枚役
⇒以降は順押し適当打ちで消化

★予告音発生時(Vランプ点灯時)は左リール3連V狙い
⇒停止したら中・右リールにV狙い


REG中の打ち方

★左リール第1停止で適当打ち


バーサスチャンス中の打ち方

★逆押しナビ発生時は右・中リール適当打ち、左リール枠上~上段にBAR狙い
バーサス JACINハズシ
⇒残り7G以降は順押しで消化

パネルフラッシュ発生時は小役狙い手順で消化


バーサスゲーム中の打ち方

★基本は適当打ちでOK

パネルフラッシュ発生時は小役狙い手順で消化

BIG中は1度だけ14枚役を成立させることで、
最大枚数が獲得できます。

また、枚数に差はありませんが、
予告音発生時のV揃いで設定を示唆しているようなので、
設定狙いの際は狙うようにしたいですね(*・▽・)9

RTの前半「バーサスチャンス」中は、
2コマ目押しでJACINを回避することで、
最大20GまでRTを延命させることができます。

ただし、JACINしないまま20G消化すると
その後のバーサスゲーム(20G)が消滅してしまうので、
パンクを防ぐためにも残り7G以降のナビ発生時は
順押し適当打ちでJACINさせたほうがいいですね(・ω・)ノ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。